管理業務主任者に合格するための勉強法

管理業務主任者や、その他の資格を目指す際の勉強法は分けて3つ。「通信」「通学」「独学」が一般的で、ネットでもその良し悪しが取り沙汰されています。情報収集は必要ですが、最終的な見極めは自分で行ってください。勉強する環境や準備期間など、考慮すべきポイントを挙げながら検討するようお勧めしますが、何度も繰り返している通り、「通信」はとても効果が上がる勉強だと言えます。

【通学のメリット】
・あらかじめ決められた時間に、決められた場所で集中して勉強できる。
・勉強中の疑問点は、すぐにその場で質問ができる。
・机を並べる受講者の存在が刺激になり、モチベーションが下がらない。

【通学のデメリット】
・自分の希望に合う学校、都合よく通える学校(教室)が近くにない。
・受講料が高いので経済的な負担が大きい。
・人気講師、実績のある講師から学べるとは限らず、やる気が削がれることも。

【通信のメリット】
・自分の好きな時間、好きな場所で勉強でき、時間のやりくりがしやすい。
・人気の講師、実績のある講師の講義が受けられ、やる気が上がる。
・通学に比べて受講料が安く、経済的な負担が少ない。

【通信のデメリット】
・疑問点、不明な点があってもすぐに質問できない。
  :
  :
ここでは「独学」に対するコメントはしません。というのは、管理業務主任者の勉強は初めての人がほとんどだと思います。「独学」での資格取得はハードルが高過ぎるので避けたほうが賢明です。

私がお勧めしたいのは「通信」。それも、口コミで高い評価を受けている通信講座です。TVや新聞折込チラシなどで目にする、大手のそれではありません。フォーサイトの通信講座『マンション管理士・管理業務主任者 通信講座』です。
受講料が安い上、全国平均以上の合格率という実績に惹かれました。この通信講座で勉強したことが自信になり、合格につながりました。

⇒ http://mankan-tsusin.com/

次のページ >>