管理業務主任者を目指す勉強法は?

管理業務主任者に限ったことではありませんが、“資格を目指すなら「通信」で”とよく耳にします。「通信」というのは、通信教育のこと。では、「通信」以外にどんな勉強法があるのでしょうか。ネットで検索すると出てくるのが「通学」と「独学」です。良さもあれば、自分には合わないこともありますからよく検討して決めましょう。

それぞれの勉強法を検討し違いを知った上で、管理業務主任者試験に合格するには、どの方法が良いのか考えてください。そして、勉強法と同じように、あるいはそれ以上に大切なのが学校選びです。これを間違えると大変なことになってしまいます。

資格を目指す勉強法

「通信」=通信講座を受講して学ぶ
「通学」=専門学校や予備校に通って学ぶ
「独学」=市販の教材を使い1人で学ぶ

効率よく学べそうなのは「通学」だと思いがちですが、ちょっと待ってください。近くに通える学校があるでしょうか? 実は、通える学校がない……これが「通学」の一番の問題点になっています。

安くて手軽なのは「独学」かも知れません。が、本当に1人で学べますか?
学ぶというのは、知識を身に付けること。確かに1人でもできますが、管理業務主任者試験に合格できるか否かが重要です。合格に必要な知識・情報を得てこそ成功と言えるのです。

やっぱり「通信」。資格試験に合格するには「通信」で勉強するのが最も効果的。初めての挑戦であれば、合格に導いてくれるガイド役が必要です。通信講座なら、カリキュラムに沿ったテキストや問題集、DVD講座などが送られてくるので安心……ですが、ここで注意すべきは“どの通信講座を選べばいいか?”ということ。

ネットで評判が良いのは、フォーサイトの『マンション管理士・管理業務主任者 通信講座』。口コミで広がっている通信講座です。管理業務主任者とマンション管理士を目指す多く人が受講し、全国平均の1.5倍以上の合格率を誇っています。

⇒ http://mankan-tsusin.com/

次のページ >>