宅地建物取引主任者の合格率は?

不動産業界で働くには必須の資格と言われるほど、よく知られている資格が宅地建物取引主任者です。受験者数は毎年20万人前後とダントツに多く、就職や転職に有利な資格のひとつ。合格率は管理業務主任者よりやや低くなっています。

仮に、宅地建物取引主任者の資格がなくても不動産関連業種への就職は可能です。が、いずれ業務に就いたら資格取得を奨励されることになるはず。今からでも準備を始めましょう。管理業務主任者も同様です。もし、就職活動のターゲットが不動産業界、マンション管理会社に絞られているなら早々に受験準備を始めておくといいですよ。

【宅地建物取引主任者の合格率】

 

受験者数

合格者数

合格率

合格点

2001年

165,104

25,203

15.3%

 

2002年

169,657

29,423

17.3%

36

2003年

169,625

25,942

15.3%

35

2004年

173,457

27,639

15.9%

32

2005年

181,880

31,520

17.3%

33

2006年

193,573

33,191

17.1%

34

2007年

209,684

36,203

17.3%

35

2008年

209,415

33,946

16.2%

33

2009年

195,515

34,918

17.9%

33

ここまでは、管理業務主任者の合格率から、不動産鑑定士、土地家屋調査士、宅地建物取引主任者の合格率を掲載しました(司法書士や1級建築士などの資格は省略)。合格率を眺めているだけで試験に合格できるわけではありませんが、少なくとも心の準備はできたのではないでしょうか?

管理業務主任者の合格率は約20%と高く、備えをすれば望み通りの結果(合格)が得られます。その準備の第一歩は、自分に合った勉強法で進めること。ネット検索すれば、「通信講座」が良いという口コミ情報に触れますが、確かに合格への近道だと確信しています。

⇒ http://mankan-tsusin.com/

次のページ >>