管理業務主任者の合格率は?

マンション管理に携わる国家資格には「管理業務主任者」と「マンション管理士」があります。難易度についてはマンション管理士のほうが上。では、視点をかえて合格率から見てみましょう。
【管理業務主任者の合格率】

 

受験者数

合格者数

合格率

合格点

2001年

57,179

33,742

58.5%

38

2002年

35,287

10,390

29.4%

33

2003年

27,017

5,651

20.9%

35

2004年

24,104

4,617

19.2%

37

2005年

22,576

5,019

22.2%

36

2006年

20,830

4,209

20.2%

33

2007年

20,194

4,497

22.3%

33

2008年

20,215

4,113

20.3%

34

2009年

21,113

4,329

20.5%

34

【マンション管理士の合格率】

 

受験者数

合格者数

合格率

合格点

2001年

96,906

7,213

7.4%

38

2002年

53,317

3,719

7.4%

36

2003年

37,752

3,021

8.0%

38

2004年

31,278

2,746

8.8%

30

2005年

26,184

1,909

7.3%

34

2006年

21,743

1,814

8.3%

37

2007年

19,980

1,479

7.4%

36

2008年

19,301

1,666

8.6%

37

2009年

19,120

1,444

7.6%

34

単純比較ですが、管理業務主任者の合格率は、マンション管理士の約3倍。管理業務主任者のほうが難易度は低いというのもうなずけるでしょう。
ただし、だからといって、自分が合格できるとは限りません。どうして管理業務主任者を目指すのか? どうしたら合格できるのか? を考えしっかり準備しなければなりません。当面の目標は管理業務主任者に合格することです。

次のページ >>