管理業務主任者とは?

管理業務主任者は、マンション管理会社に所属して働きます。マンション管理会社が、住民たちで組織する管理組合から委託された「マンションの全般的な管理業務を代行」します。また、マンション管理受託契約についての重要事項の説明も重要な役目のひとつ。晴れて契約が締結されれば、日々の管理状況をチェックし管理組合に報告します。

管理業務主任者は、マンション管理会社に所属しますから、就職向きの資格と言えます。似た資格に「マンション管理士」がありますが、こちらは管理組合との契約で報酬が発生します。まったくスタンスが違っており、いわば独立開業型と言えるでしょう。
管理業務主任者、マンション管理士ともに国家資格ですが、いわゆる「管理人さん」は資格なしでできる仕事。念のために付け加えておきました。

=管理業務主任者は、管理の前提となる管理受託契約の重要事項の説明から、受託した管理業務の処理状況のチェック等及びその報告までマンション管理のマネジメント業務を担うものであり、事務所ごとに国土交通省令で定める人数の設置が義務付けられることとなります。管理業務主任者となるには、管理業務主任者試験に合格し、管理業務主任者として登録し、管理業務主任者証の交付を受けることが必要です。=

(管理業務主任者試験実施機関「社団法人高層住宅管理業協会」HPより)
http://www.kanrikyo.or.jp/kanri/index.html

管理業務主任者の難易度

さて、管理業務主任者の合格率を見る前に資格別の難易度ランキングを。ネットで検索すると出てきますが、目安としてご覧ください。
Aクラス:不動産鑑定士、司法書士
Bクラス:土地家屋調査士、マンション管理士、1級建築士
Cクラス:宅地建物取引主任者、2級建築士、測量士
Dクラス:管理業務主任者、建築CAD検定試験(准1級)ほか
難易度ランクが低くても、受かるかどうかは自分の努力しだい。では次に、それぞれの資格について、過去の合格率を見てみましょう。

次のページ >>